ミレニアル世代

日経産業新聞 2017年2月21日掲載

アメリカは世界一の車大国だが、その一方で自転車の人気は年々高まっている。ニューヨークでも10年ほど前から自転車専用レーンの設置が始まり、歓迎を受けた。この数年、目に付くようになったのが電動アシスト自転車だ。Eアシスティッドバイク(略してEAバイク)と呼ばれる。

2011年に電動アシスト専門のオンラインストア、「プロペルバイク」(www.propelbikes.com)を始めたクリス・ノルテ氏は2015年7月にブルックリンには小売店もオープンした。販売から、修理や情報交換までできる場を提供して愛好家のハブ的存在である。2016年の年間売り上げは、100万ドルを超えた。

自身もサイクリング愛好者のノルテ氏だが、10数年前に中近東にて兵役中に背中を負傷。普通の自転車では長距離走行ができなくなったため、電動アシスト自転車に乗り換えたことが、プロペラバイクをスタートするきっかけとなった。販売しているのは欧米メーカーの自転車。$2500~$4000の価格帯の自転車が最も人気があるそうだ。スポーツ感覚でレジャー用にEA-Bikeに乗るのは、主にベービーブーマー層だが、通勤などの交通手段として、電動アシスト自転車に乗るのは、大都会に住む1980~2000年生まれのミレニアル世代である。この世代は、環境問題に関心度が高く、車の運転免許もいらないという人もいるほどである。電動アシスト車の最速スピードは時速20マイル[約32キロメートル]だが、片道、10-20マイル(約16~32キロ)の距離を通勤する元気なサイクリストもいる。

2025年までには、電動アシスト自転車の世界市場規模は、年間240億ドルまで成長するという調査予測がある。自転車大国のオランダでは自転車3台のうち1台が電動アシストであるが、アメリカでは、100台のうち1台にとどまる。技術革新のおかげで自転車の軽量化とバッテリーの持続時間が改善したこともあり、これからの成長が期待されている。電動アシスト自転車が自転車専用レーンで走れるかどうかは、地方自治体によって法律が異なるが、ニューヨーク市では、専用レーンで走ることが許可されており、交通移動手段として、注目されている。

caviar

この2-3年、スマホやPCで出前の注文が簡単にできるフードデリバリーサービスが次々と誕生しているが、
出前をしない一流レストランや待ち時間が長い人気レストランの出前部門を手がけるグルメ志向の配達サービス、
キャビア(Caviar)http://www.trycaviar.comが注目されている。

同社は2012年にサンフランシスコにて起業家がスタート。
その後、ツイッターの創立者などから大型投資を受けて、
今ではボストン、シカゴ、ロスアンジェルスなど主要16都市に進出しており、ニューヨーク市では、
2014年末にマンハッタン、2015年末にブルックリンにてサービスを開始した。
ターゲット層は、フーディーと呼ばれる食通層が中心である。
同社では、ダニエル・ブール―などセレブシェフが経営するレストランとも数多く提携し、
グルメの配達が重宝されている。

レストランから配達先までの距離によって、
$1.99から$5.99(約240~720 $1=119.90 2015年10月21日時点)の配達費が掛かり、
サービス費として、注文総額の18%が課されるが、チップは無用である。

出前可能な品目は、同社の料理専門の写真家が入念に撮影し、スマホやPCの画面上で写真を見るだけで、
注文する人の食欲をそそる。

Caviar Fastbite NY Home Screen                  Caviar NY iOS menu view

同社では、洗練されたロジスティックのソフトウエアを開発しており、
注文から配達完了するまでの最新情報が更新され、ユーザーは出前の進捗状況を常時確認できる。
自転車、バイク、車で配達するメッセンジャーをフリーランスで起用しており、
毎日、配達した件数と距離によって、サラリーが決められるため、
配達係も一刻も早く配達をして、配達件数を最大限にしようと迅速なサービスに努めるわけだ。

アメリカンやイタリアンを筆頭に、中華、タイ、インド、メキシカンと多様なエスニックレストランと提携している。

ニューヨークの場合、人気トップ3のジャンルは、中華、南部風BBQ、そしてメキシカン。
ラーメンも好評で今夏は冷やし中華も人気があったそうだ。
今年の6月からは、サンフランシスとニューヨークでFastbiteという近距離レストランから
15ドル以内(約1800円)の限定メニューを15分以内で届けるというさらに迅速な配達を売り物にしたサービスも開始した。

便利さと速さにお金を払う価値があるとする時間優先の人には、かなったりのサービスである。

日経産業新聞 9月18日掲載

Rent the Runway
共有に抵抗ないミレニアム世代に響くファッションレンタル・サービスの台頭 

hYOSnz_Gj_KXLHUv8_SUk3aUa0MsKkpK8hoqKYljzfY

Rent The Runway ニューヨーク店舗

1990年以降に生まれたアメリカの「ミレニアム世代」は,物を所有するよりも、共有(シェア)したり、会員性のサービスから借りることに違和感を持たない消費者層である。この価値観を反映した女性向けのファッション・レンタル・サービス、Rent The Runway (本社ニューヨーク市、www.renttherunway.com)が、人気を博している。結婚式やパーティなど、特別な場に着る洋服は、一度しか着ないことが多い。さらに流行はシーズン毎に変わるため、折角大枚を払って買った洋服がタンスの中に埋もれていることも少なくない。ここに目を付けて起業をしたのが、ハーバード・ビジネス・スクールで同級生であった二人の女性、ジェニファー・ハイマンさんとジェニファー・フライスさんだ。

2009年末に、インターネット上でレンタルサービスとして立ち上げ、約500万人の会員を持つまでに成長した。デザイナー・ブランド250社と提携して、洋服、アクセサリー、バッグとトータルファッションを提供している。洋服のサイズ、汚れ、破損など、運営上の数々の細かい課題を克服しながら、急成長をしてきた。昨年より試着用のショールーム展開も始めて、今年の9月6日には、マンハッタンに3店舗目のショールームをオープンした。ショールームは予約制で、担当のスタイリストが顧客の目的と好みを聞いて、試着候補を推薦してくれる。このサービスは、45分で$25、90分で$40と有料だ。

レンタル期間は、4日、9日間の2コースがあり、料金は、小売価格の約10分の1に設定している。サイズが合わないことがないように、洋服は2つのサイズを発送する。同社は、今後、ファッション感度の高い女性たちを対象に、日常に着れる、流行の先端をいく洋服のレンタルに力をいれていくという。若い層が物を所有することに執着しないことを物語るビジネスである。

ビジネスヒント:日経産業新聞  2014年3月12日寄稿

いつでも、どこでもできるオンライン・エクササイズ
便利さと割安さでミリニアム世代の間で、人気上昇中

 


上のイメージをクリックすると、Welloウエブサイトに飛びます。

 

3月9日より早くも夏時間に入ったアメリカ。厳しかった冬がようやく終わり春が近づいてくると、寒いという理由でしばらく怠けていたエクササイズのことが、急に気になってくるものだ。時間や場所に束縛されないオンライン上のエクササイズ・サービス、Welloが人気を集めている。(www.wello.com) ウエブカメラ付きのノートパソコン、そして、インターネット接続さえあれば、自宅でも、オフィスでも、ホテルでも、都合のいい時間に、自分が選んだフィットネスのトレーナーと一緒に1対1、または7-8人のグループで体を鍛えることができる双方向性のサービスである。2012年7月にフィットネス愛好家のレズリー・シルバーグライダーさんとアン・スコットさんがベンチャーキャピタルから100万ドルの資金を調達して起業した。ヨガ、エアロビックス、マーシャルアーツなど多様なプログラムを用意。スポーツジムへ行かないでも、自分のスペースでできるエクササイズを提供して、忙しい人々やスポーツジムにいくのが面倒だと思う人たちに、支持を得ている。主な顧客層は、「最初のデジタル世代」と呼ばれる1980年から2000年の間に生まれたミレ二アム世代だ。利用者は、Welloのホームページにて、興味のあるエクササイズのタイプ、希望の曜日と時間帯、頻度、そして、トレーナーを選ぶ。条件を提出すれば、Welloがマッチングし、向きそうなトレーナーをリストアップしてくれる機能もある。現時点では、全米に散らばる200人以上のトレーナーが個人セッション、グループセッションを行っている。トレーナーの質を高い水準に保つために、Welloでは、厳しい審査を実施しているが、同時に利用者からの評価もホームページで公開している。参加費はトレーナーの経験年数などによって異なるが、標準価格は、個人トレーニングが30分のセッション4回で、月に99ドルとお手頃。(一回のみの参加の場合、25ドル。)グループの場合は、1時間のセッションが月に4回で、49ドル(一回のみの参加の場合、12ドル。)ノートパソコンの中のトレーナーの掛け声と共にエクササイズをするというこれぞ、デジタルなライフスタイルだが、アメリカのミリニアム世代にとっては、日常的になってきている。