新規ビジネス

日経産業新聞2018年9月9日掲載

多様性の受容を実現化した「ものづくり」がアメリカのアパレル業界で展開されている。

グローバル・ファッション・ブランドや大手小売りチェーンが身体、知的障害児向けの着やすく「適応自在な衣服」(Adaptive Clothing)を開発し、オンライン販売をしている。障害児や家族が長年、直面してきた日常生活での困難を解決することが目的だ。

これまでこの分野にて奮闘してきたのは個人や小規模レベルの会社であったが、大手企業の参入が注目を集め、ファッション業界内に新たな旋風を起こしている。


スポーツウェアなどで有名なグローバル・ファッション・ブランドのトミー・ヒルフィガーは2016年春シーズンより障害児が自分で着脱できるアパレルライン、Tommy Hilfiger Adaptive をスタートした。ボタンやジッパーの代わりに磁石や面ファスナーを使い、素材は肌触りのよい優しい感覚のものを選ぶなど障害児のニーズを充たすための工夫を凝らし、ファッションセンスの高い衣服を提供している。ヒルフィガー氏自身、自閉症の娘の父親でもある。販売されているのは、デザインや色と健常者と同じもので、スポーティなシャツやスウェット、ジャケットなどがあり、価格帯は、$19.95~$79.95である。

一方、北米にて1700店舗を展開する大手ディスカウント・チェーンのターゲット(Target)は2017年の秋より、同店で人気のあるオリジナルの子供向けアパレル・ブランド、Cat & Jack にAdaptive Lineを加えた。同ブランドのデザインや色をベースに面ファスナーを使った「肩から外せる袖」つきのシャツやおむつを配慮した開口の付いたズボンなど機能的で子供にアピールする商品を販売している。価格帯は、$5.50~$39.99。商品開発をするにあたって、障害児を持つデザイナーや障害児のニーズを啓蒙する専門家と常時コレボレーションして商品開発をしているという点で両社は共通している。機能面を重視するのみでなく、子供たちが着たいと思うおしゃれで、各々の個性を主張できるアパレル作りに取り組む両社の姿勢に好感を持つ消費者は多く、売り上げも好調で、今後さらに大手アパレルメーカーの参入が期待されている。

日経産業新聞 2016年11月22日掲載

国土の広いアメリカには、広々としたスペースの広いバーが数多くあるが、お酒を楽しみながら、
絵を描くという社交の場を提供して躍進している会社がペイント・ナイト(Paint Nite)だ (https://www.paintnite.com)。


2012年に二人の起業家がボストンの郊外に創立して以来、スタッフ110人、年商5500万ドルの会社に成長。
8月には、毎年起業家対象のインクマガジンが発表するアメリカで躍進する中小企業トップ5000社中の第2位に選ばれた。

全米の約1500の都市にて合計3500軒のバーと提携しており、毎月約5500件のイベントを開催している。
同社が開発したお絵かきプログラムは、全米各地に250人存在するクリエーティブ・アントレプレニュール(CE)と呼ばれる人たちにライセンスをされ、割り当てられたエリアにて、イベントの運営を行う。
ウエブサイトの運営とオンラインを中心にしたプロモーション活動、画材の開発はペイント・ナイトが担当し、売り上げの70%がCEに支払われるという構造だ。
イベントの進行役は、絵の教師やプロのアーティストが起用され、各参加者を見回って助言をし、和気あいあいの雰囲気の中でキャンバスは仕上がっていく。


お手本の絵に倣って、全員同じものを描くため、上手下手の競争感もなく、気楽に2時間後には仕上がるという流れである。必要な画材はすべて、CEチームの運転手がバーに配達するので、参加者は手ぶらで会場に行けばよいわけだ。利用者は、Paint Niteのウエブサイトにて参加したい日、関心のあるタイプの絵、便利な場所などの選択肢からイベントを選び、支払う。
プログラムは通常、午後7時からの開始で、画材込で費用は、45ドル~65ドル。
今年のホリデーシーズンから、ギフト券の販売も開始する。バーでの飲み物やおつまみ代は直接バーに支払う。
参加者層は、20代から30代の女性が大多数で、35人~80人と規模も様々である。
生計を立てていくのがなかなか難しいアーティストにとっても、新たな収入源を提供しており、関係者全員にとって、WinWinのビジネスで、今後の成長が期待される知恵を使ったライフスタイル創出型のビジネスである。

アメリカのペット産業は毎年、成長を続けており、ペット用品工業会(APPA)のデータによると、2016年の市場規模は、$627.5億ドルと前年比4%増。
ペット種の中でも、犬を飼う家族世帯は5440万世帯と最多である。犬は家族の一員とみなされるアメリカだが、突然のミーティングや出張のために、愛犬の世話をしてくれる人が急遽必要になる事態が頻繁に起こる。信頼できるドッグシッターと呼ばれる世話をする人を直ちに見つけなければという切実な飼い主のニーズは高まる一方である。業界組織、ペットシッター・インターナショナルの発表によると、2014年には、ペット・サービス市場規模は、3億3200万ドルにまで成長している。

2nd-dog-walker-photo

ビッグデータを駆使して、飼い主とシッターをマッチングする斬新なサービス、Rover(本社シアトル)やWag!(本社ロサンジェルス)が登場して、即時に臨機応変な対応が可能なサービスを提供して、愛犬家に歓迎されている。RoverやWag!では、飼い主と愛犬に関して、世話が必要なスケジュール、住んでいる場所、犬の習性や散歩上のニーズなどの情報を詳細に登録すると、飼い主のニーズにマッチするシッター候補がリストアップされる。シッターとしてのこれまでの経歴や、他の飼い主からの評判についての情報にアクセスをすることができ、愛犬のための最終決定をがしやすくなる。

sitter-walk-tracking-2

Roverの場合、費用はニューヨーク市の場合、シッター宅での泊り一泊が35ドルから。単独の散歩は、30分の散歩が20ドルからである。アメリカ最大手でこのRoverを運営するRover.com社は8月、犬が散歩したルート、散歩した時間、犬の行動などを報告するレポートカードをスマホのアプリとして導入し、愛犬の動向を生で発信することもできるようになった。愛犬の世話にはお金を惜しまないという多忙な愛犬家のビジネスマンやウーマンにとって便利で安心のできるサービスだ。

Rover.com(www.rover.com)
Wag!(https://wagwalking.com)

日経産業新聞2014年12月14日掲載

Interior1

アメリカの冷食業界の年間売上は、約500億ドルで、アメリカ人は平均して年、71個の冷食を口にするという。温めるだけですぐに食べられる便利な冷食は、アメリカ人の生活に浸透しているが、一般にグルメ度や栄養価値は新鮮な食品に劣るというイメージがある。そんな中、ニューヨーク市に今夏、全米で初めての冷食専門、しかもフランス料理を中心にした冷食専門店がオープンして、ニューヨーカーの注目を集めている。「バベッツ・フィースト」(babethsfeast.com)というこの冷食専門店は、フランス風の朝食、ペイストリー&パン、前菜、スープ、主菜、デザートなど10種のカテゴリー、計約360種類のグルメな冷食を味にこだわる多忙なニューヨーカーに提供している。

 

急冷技術の発達で味や栄養分が損なわれなくなり、冷食がフランス人の日常生活に浸透して久しいが、オーナーであるフランス人のエリザベス・デュ・ケルゴレーさんは母国にいた当時から、冷食の愛好者であった。ニューヨークに住み始めて、忙しいニューヨーカーにとって時間をかけないで準備でき、毎日の食事やパーティーに使えるグルメな冷食にニーズがあることに気づき、同店をスタートした。人気があるのは家庭料理のブルゴーニュ風ビーフシチュー(3-4人前で25ドル)やポタージュ(2人前で6ドル)。また、お客様を招いた家庭でのディナー用に、アメリカ人にとってのご馳走、ロブスターを使った豪華な料理も数多く取り揃えている。(2-3人前で35ドルから50ドル)

7A0A1011 copyモダンな店内には、キッチンもあり、冷食に対して、まだまだ抵抗感を持つニューヨーカーに冷食のおいしさを知ってもらうためのイベントを常時開いている。デザートやパン類は、他社製品が多いが、主菜は、同店のシェフが作ったオリジナルレシピによる料理が中心で、アメリカ人の嗜好にあった味づくりを心がけている。景気を持ち直したニューヨークでは、新しい食文化を提案するハイエンドの新しいサービスが次々と誕生している。

日経産業新聞 2014年1月29日寄稿
新しい発想のDining experienceを提供するディナー・ラボ

会員制で会場もメニューも毎回異なる。

新進のシェフと食通をつなぐ場として、次々と大都市にて誕生。

上のイメージをクリックすると、ビデオがご覧になれます。

ディナー・ラボ(Dinner Lab)www.dinnerlab.comは2012年8月にグルメ都市として有名なニューオリンズでスタートをした会員制のポップアップ・ディナーパーティーの企画運営会社。2013年には、ニューヨーク、ロスアンジェルスにも進出し、すでに会員の定員に達している。2014年春には、サンフランシスコ、ワシントンなどでもスタートする予定で、イベント型の新しいダイニング・サービスとして注目を浴びている。ラボ(実験室)という名前が示唆すように、有名レストランで修業を積んだ新進気鋭のシェフをゲストシェフに迎え、自由で創作的な料理を新しい物好きな食通の客に披露する。大テーブルを囲む和やかな雰囲気の中でグルメファンの率直なコメントが飛び交うというシェフにとっては、貴重な実験の場となっている。「ポップアップ」とは、「突然、一時的に出現する」という意味。同社が主催するディナー・パーティは、毎回異なる場所で開かる。いつも、思いがけないロケーションが選ばれるため、会員は、料理のみならず、その会場にも興味深々である。ニューヨークでは、ブルックリンのオペラ・ハウスや、ビール醸造所などで開かれた。年間会員費は都市によって異なり、$150-175である。毎週水曜日に3週間後のディナーパーティについての、案内が会員にメールにて送信され、会員はオンラインでチケットを購入する。イベントは午後6時半と午後9時にそれぞれスタートする一日2回のローテーションで開かれる。一回につき約40-50人が参加している。料理のジャンルは、アジア、中近東、アメリカと多岐にわたるが、デザートだけのディナー・パーティも好評であった。会員層は21歳から80歳で、職業も様々であるというのがアメリカらしい。今年も積極的に開催都市を増やし、競争が激しいレストランビジネスにおける、新進シェフの活動の場を広げることをディナーラボは目指している。