代表プロフィール

竹内道 (Mitchie Takeuchi) 代表取締役

profile広島女学院高校卒業。米国のワグナー大学心理学科卒業後、電通アメリカ(DCA)入社。1988年、ニューヨーク大学(NYU Gallatin Graduate School) ギャラティン大学院修士課程でインタラクティブ・メディア・コミュニケーション専攻。同大学院在学中にArc Media, Inc.を設立。日本初の民間有料衛星放送、Wowowの立ち上げプロジェクトに参加。以来、日米共同プロジェクトやジョイント・ベンチャーの設立を手がけてきた。デジタル・マーケティング・チームなど、立ち上げに必要なマーケティング専門のコラボ・チームを組むことを得意とする。2011年から「ビデオアーク」の企画制作に力を入れる。アメリカ発の新ビジネスについて日経産業新聞などへ定期的に寄稿。
NATAS NY (National Academy of Television Arts & Science), NYWIFT (New York Women in Film &Television)会員

 

※竹内道の大切にしたい元気が出てくる先達からのメッセージをご紹介しています。

 

 

スーザン・ストリックラー (Susan Strickler)パートナー
CBS, ABCなどのネットワークテレビ、P&G (Procter & Gamble )プロダクション制作のデイタイム・ドラマのプロデューサー、ディレクターを長年つとめ、オンラインやモバイル向けのデジタル・コンテンツの企画制作を行ってきた。企業クライアントのためのストーリー性の高いわかりやすい映像作りに定評がある。エミー賞、DGA[Directors  Guild of America] 全米監督協会賞受賞。

NATAS NY (National Academy of Television Arts & Science), NYWIFT (New York Women in Film &Television)会員

 

ジェーン・デューサー(Jane Deuser) パートナー

海外市場進出時のブランド戦略やマーケティングに20年以上のキャリアを持つ。クライアントはフォーチュン500企業からベンチャー企業まで幅広い。フランスの大手ホテルチェーンのアメリカ、カナダ市場におけるマーケティングと事業展開のほか、情報コンテンツ産業、IT部門の立ち上げなどにも豊富な経験をもつ。ロンドン・ビジネス・スクールのスローン・フェロー。

 

生盛健(Takeshi Seimori) シニア・リサーチャー&ライター

アメリカのテレビ番組やオンライン・コンテンツを中心とするメディア産業について、15年以上動向調査分析の経験を持つ。アメリカのテレビ番組、デジタル・コンテンツの動向をフォロー。立教大学文学部卒業,ニューヨーク・シティ・カレッジ(CUNY)修士課程卒業。

 

パートナー・カンパニー

Alba Partners

http://www.alba-partners.com/

Heernet Media

http://www.heernet.com/

Magnet Media

http://www.magnetmediafilms.com/

企業概要

社名 Arc Media, Inc. (アークメディア株式会社)
創業 1988年10月21日
代表者 竹内 道
本社 45West 21st Street, New York, NY 10010 USA
TEL: 212-741-8868
FAX:212-741-8820
主要取引先 エンタテインメント&メディア&コンテンツ、ビジネス出版、教育出版、
家電、IT、テクノロジー、食品、飲料、ライフスタイル・サービスなど
取引先銀行 HSBC Bank, USA

 

アクセスマップ