Share on LinkedIn
Pocket

caviar

この2-3年、スマホやPCで出前の注文が簡単にできるフードデリバリーサービスが次々と誕生しているが、
出前をしない一流レストランや待ち時間が長い人気レストランの出前部門を手がけるグルメ志向の配達サービス、
キャビア(Caviar)http://www.trycaviar.comが注目されている。

同社は2012年にサンフランシスコにて起業家がスタート。
その後、ツイッターの創立者などから大型投資を受けて、
今ではボストン、シカゴ、ロスアンジェルスなど主要16都市に進出しており、ニューヨーク市では、
2014年末にマンハッタン、2015年末にブルックリンにてサービスを開始した。
ターゲット層は、フーディーと呼ばれる食通層が中心である。
同社では、ダニエル・ブール―などセレブシェフが経営するレストランとも数多く提携し、
グルメの配達が重宝されている。

レストランから配達先までの距離によって、
$1.99から$5.99(約240~720 $1=119.90 2015年10月21日時点)の配達費が掛かり、
サービス費として、注文総額の18%が課されるが、チップは無用である。

出前可能な品目は、同社の料理専門の写真家が入念に撮影し、スマホやPCの画面上で写真を見るだけで、
注文する人の食欲をそそる。

Caviar Fastbite NY Home Screen                  Caviar NY iOS menu view

同社では、洗練されたロジスティックのソフトウエアを開発しており、
注文から配達完了するまでの最新情報が更新され、ユーザーは出前の進捗状況を常時確認できる。
自転車、バイク、車で配達するメッセンジャーをフリーランスで起用しており、
毎日、配達した件数と距離によって、サラリーが決められるため、
配達係も一刻も早く配達をして、配達件数を最大限にしようと迅速なサービスに努めるわけだ。

アメリカンやイタリアンを筆頭に、中華、タイ、インド、メキシカンと多様なエスニックレストランと提携している。

ニューヨークの場合、人気トップ3のジャンルは、中華、南部風BBQ、そしてメキシカン。
ラーメンも好評で今夏は冷やし中華も人気があったそうだ。
今年の6月からは、サンフランシスとニューヨークでFastbiteという近距離レストランから
15ドル以内(約1800円)の限定メニューを15分以内で届けるというさらに迅速な配達を売り物にしたサービスも開始した。

便利さと速さにお金を払う価値があるとする時間優先の人には、かなったりのサービスである。

日経産業新聞 9月18日掲載