Share on LinkedIn
Pocket

日経産業新聞2014年12月14日掲載

Interior1

アメリカの冷食業界の年間売上は、約500億ドルで、アメリカ人は平均して年、71個の冷食を口にするという。温めるだけですぐに食べられる便利な冷食は、アメリカ人の生活に浸透しているが、一般にグルメ度や栄養価値は新鮮な食品に劣るというイメージがある。そんな中、ニューヨーク市に今夏、全米で初めての冷食専門、しかもフランス料理を中心にした冷食専門店がオープンして、ニューヨーカーの注目を集めている。「バベッツ・フィースト」(babethsfeast.com)というこの冷食専門店は、フランス風の朝食、ペイストリー&パン、前菜、スープ、主菜、デザートなど10種のカテゴリー、計約360種類のグルメな冷食を味にこだわる多忙なニューヨーカーに提供している。

 

急冷技術の発達で味や栄養分が損なわれなくなり、冷食がフランス人の日常生活に浸透して久しいが、オーナーであるフランス人のエリザベス・デュ・ケルゴレーさんは母国にいた当時から、冷食の愛好者であった。ニューヨークに住み始めて、忙しいニューヨーカーにとって時間をかけないで準備でき、毎日の食事やパーティーに使えるグルメな冷食にニーズがあることに気づき、同店をスタートした。人気があるのは家庭料理のブルゴーニュ風ビーフシチュー(3-4人前で25ドル)やポタージュ(2人前で6ドル)。また、お客様を招いた家庭でのディナー用に、アメリカ人にとってのご馳走、ロブスターを使った豪華な料理も数多く取り揃えている。(2-3人前で35ドルから50ドル)

7A0A1011 copyモダンな店内には、キッチンもあり、冷食に対して、まだまだ抵抗感を持つニューヨーカーに冷食のおいしさを知ってもらうためのイベントを常時開いている。デザートやパン類は、他社製品が多いが、主菜は、同店のシェフが作ったオリジナルレシピによる料理が中心で、アメリカ人の嗜好にあった味づくりを心がけている。景気を持ち直したニューヨークでは、新しい食文化を提案するハイエンドの新しいサービスが次々と誕生している。