Share on LinkedIn
Pocket

Rent the Runway
共有に抵抗ないミレニアム世代に響くファッションレンタル・サービスの台頭 

hYOSnz_Gj_KXLHUv8_SUk3aUa0MsKkpK8hoqKYljzfY

Rent The Runway ニューヨーク店舗

1990年以降に生まれたアメリカの「ミレニアム世代」は,物を所有するよりも、共有(シェア)したり、会員性のサービスから借りることに違和感を持たない消費者層である。この価値観を反映した女性向けのファッション・レンタル・サービス、Rent The Runway (本社ニューヨーク市、www.renttherunway.com)が、人気を博している。結婚式やパーティなど、特別な場に着る洋服は、一度しか着ないことが多い。さらに流行はシーズン毎に変わるため、折角大枚を払って買った洋服がタンスの中に埋もれていることも少なくない。ここに目を付けて起業をしたのが、ハーバード・ビジネス・スクールで同級生であった二人の女性、ジェニファー・ハイマンさんとジェニファー・フライスさんだ。

2009年末に、インターネット上でレンタルサービスとして立ち上げ、約500万人の会員を持つまでに成長した。デザイナー・ブランド250社と提携して、洋服、アクセサリー、バッグとトータルファッションを提供している。洋服のサイズ、汚れ、破損など、運営上の数々の細かい課題を克服しながら、急成長をしてきた。昨年より試着用のショールーム展開も始めて、今年の9月6日には、マンハッタンに3店舗目のショールームをオープンした。ショールームは予約制で、担当のスタイリストが顧客の目的と好みを聞いて、試着候補を推薦してくれる。このサービスは、45分で$25、90分で$40と有料だ。

レンタル期間は、4日、9日間の2コースがあり、料金は、小売価格の約10分の1に設定している。サイズが合わないことがないように、洋服は2つのサイズを発送する。同社は、今後、ファッション感度の高い女性たちを対象に、日常に着れる、流行の先端をいく洋服のレンタルに力をいれていくという。若い層が物を所有することに執着しないことを物語るビジネスである。