Share on LinkedIn
Pocket

アメリカの会員制家庭医診療所
ITを駆使して、患者と医療情報を容易に共有

マンハッタンのフラットアイロン地区は、ベンチャー・キャピタルや話題の多いソーシャルメディア企業が多く集まるニューヨークの中でも、ITや新しいメディアビジネスの中心地で、20代―30代の人が勢いを持つ地区である。ここに昨年の11月に新しい医療を目指すワンメディカルグループ(One Medical Group)がニューヨークでITを駆使した、静かでハイセンスなインテリアの診療所を開いて、注目を集めている。ニューヨークで6件目の診療所である。

同社は2007年に、医者で起業家でもあるトム・リー氏が「患者との人間関係を重視すること」をモット―に、ファミリー・ドクター専門の会員制診療所第一号をサンフランシスコにオープンした。その後、ロサンジェルス、シカゴ、ボストン、ニューヨーク、ワシントンDCに着々と診療所を開設し、現在、27の診療所を経営している。内科を専門とするファミリー・ドクターは、アメリカにおいても個人開業医がほとんどで、今だに紙のカルテを使うなど、患者情報の電子化が遅れていることが多い。そのため人件費など運営固定費が年々増加、1人の内科医が一日にみる患者数は、平均して25人から40人という統計が出ている。あわただしい診療にならざるを得ず、患者にとっても満足感のある診療を受けたと感じられないことが多い。

同社では、ITテクノロジーを導入することで医者や医療、事務スタッフの時間と労力の合理化をはかり、診療所の固定費を押さえるて、医者の一日の診察患者数を15-16人に減らすことを実現している。医者との予約は、スマホのアプリを使って同日とることができ、検査結果は患者にメールで送信され、質問があれば、医者に直接メールで問い合わせることができる。年間の会員費は、ニューヨーク在住の場合、200ドル。会員は他の都市にある診療所に行くことができ、出張時に体調を崩した時などに便利。同社は、ベンチャーキャピタルより、これまでに1億1700万ドルという潤沢な資金の調達に成功して、全米展開をめざしている。同社に対するメディアの注目や短期間における展開ぶりは、未来を見つめた新しい医療サービスにどれほど、アメリカ人が期待をしているかを象徴している。